崇高クリニック
荒木式ノンカーボダイエットで<br />
元気な体を取り戻す

クリニック紹介

崇高(すうこう)クリニック

〒675-0012
兵庫県加古川市野口町野口129-67

TEL:0794-26-4480
FAX:0794-26-4618

●診療時間

平日 午前 9:00〜12:00
午後 3:00〜6:00
土曜日   午前 9:00〜12:00     
午後 1:30〜3:30
休診日 火曜日午後・日曜・祭日

●院長略歴  

崇高クリニック院長:荒木 裕

1962年 京都大学医学部卒
1967年 京都大学医学部大学院卒
1968年 大阪北野病院勤務
1971年 アメリカハーバード大学付属 小児病院脳神経外科研修医
1973年 アメリカハーバード大学医学部 臨床栄養学部助教授
1976年 アメリカ国立公衆衛生研究所(NIH)客員研究員
1977年 アメリカサウスカロライナ大学 医学部勤務
1983年 崇高クリニック開設

●入院治療に関して

当クリニックでは、肥満症糖尿病生活習慣病を改善するために、食事指導運動を主体とした入院治療を行なっています。

通常の入院期間は2週間です。
この間に具体的な運動と食事の方法を実践し、退院後も自宅で継続していただくように指導しています。

これまで数多くの方が入院によって、この荒木式ノンカーボダイエットを実践されました。

2週間で10s以上減量する方もあり、また、糖尿病に限らず、自律神経失調症リューマチ通風うつ病拒食症過食症などの病気が劇的な改善をみせる場合もあります。
(詳細は『断糖宣言』でご紹介しています。)

入院に関するお問合せ、詳細は崇高クリニックまでお気軽にお問合せください。

 

Dr. Araki's DANTO FOODS ショッピングサイト

Dr. 荒木の断糖理論に基づいた「健康ふすまパン」ショッピングサイト

Dr. 荒木の断糖理論に基づいた「健康ふすまパン」を
ネットでご購入いただけます。

 

炭水化物中毒センター

炭水化物=糖質は“肥満・糖尿病・高血圧・ガン”などの生活習慣病はもとより、“うつ・イライラ・集中力低下・不眠・いじめ・不登校”などの精神疾患 にも大いに関係しており、今では社会問題になりつつあります。

“糖質”は脳内の“食欲・睡眠・心の安定”を調節する“ホルモン様”物質の低下を招くばかりでなく、習慣性を生じ“野菜や果物・ごはん・麺類”や“チョコレート・クッキー“などのジャンクフードが止められなくなり、この状態が進むと遂には”麻薬・覚醒剤“に手を出す様になります。

“うつ”・“自殺”・“暴力行為”・“アルコール中毒”などの治療の為に、1983年にアメリカでは“炭水化物中毒センター”=“減量・摂食障害治療センター”が開設されました。

此の度、私達の所でもアメリカに見習い“炭水化物中毒センター”を開設し困っておられる方々の相談・治療を行う事に致しました。

お気軽にご相談ください。