崇高クリニック
荒木式ノンカーボダイエットで
元気な体を取り戻す

最近の記事(最新10件)

» 記事一覧へ


Dr. 荒木の断糖理論に基づいた「健康ふすまパン」ショッピングサイト Dr. 荒木の断糖理論に基づいた「健康ふすまパン」をネットショッピングでご購入いただけます。

ダイエットブログ

重炭酸ソーダー(重曹又はベーキングパウダー)を使った「癌」治療

 「癌」は遺伝子の異常により起きる病気ではなく、オットー・ワールブルグ博士が提唱されている様に、ミトコンドリア(発電装置)の異常によるものです(ノーベル賞受賞、1931年)。私たちの身体は、ミトコンドリアが作り出す電気エネルギーによって機能しています。ミトコンドリアには最初から、発電機能が低下すると自然に死滅する様なプログラムが組み込まれています(アポトーシスと呼んでいる)。何らかの理由で自然死が起こらなくなると、効率の悪い(低エネルギー)細胞として残ってしまうので、生命活動に必要なエネルギーを作り出す為に細胞の数量を増やす事により対処しようとします。この状態を「癌」
と呼んでいます。
 自然死が起こらない原因は”環境因子・化学薬品など”色々考えられますが、細胞内環境が酸性状態
になる事が大きいでしょう。細胞内液が酸性になると、酸素が溶けにくくなり”低酸素状態”となります。
低酸素状態になるとオットー・ワールブルグ博士が証明して見せた様に、「癌」が発生します。”糖”=”
炭水化物”は、”脂肪”が不足した時の代用燃料として、ミトコンドリアで発電燃料として使われます。
ただし、”ブドウ糖”を燃料として使う場合は、使い易い形にまで加工しなければなりませんが、この際副産物として乳酸を生じます。乳酸は賛成ですから、細胞内は当然酸性となります。また、ミトコンドリアが古くなり効率が悪くなると、折角加工した発電材料も使われなくなり、ピルビン酸と云う最終産物まで余り、細胞内は益々酸性となります。
 酸性状態となっつた”癌細胞内”をアルカリ性に戻し、酸素を沢山溶け込ませれば”癌”は生きる事が
出来なくなります。身体に特に害がなく、入手しやすいのが”重炭酸ナトリウム”です。一般に「癌細胞」はpH=酸性度が、8.0とアルカリ性になれば、生存することが出来なくなり死滅してしまいます。
重炭酸ナトリウムは”メイロン”と呼ばれる静脈注射薬として、メニエール病や蕁麻疹・中毒症治療などに使われています。現在世界中で、重炭酸ナトリウムを使った「癌」治療が行われています。

2016年11月17日 14:41 | trackbacks (0)
 

DMSO(ジメチルスルホキシド)を使った癌治療法

 1953年以来、木材業界の副産物であるジメチル・スルホキシド Dimethyl sulfoxide (DMSO) は、民生品の溶剤として使用されてきました。ポートランド州オレゴン健康科学大学の臓器移植計画の研究の長のスタンリー・ヤコブ博士 (Stanley Jacob) によると、DMSOが持つ多種多様な薬剤特性の強力な証拠を提供する40,000を上回る化学反応に関する記事が学術誌に掲載されています。世界中では、その臨床における意味について11,000ほどの記事が書かれています。カナダ、イギリス、ドイツ、日本を含む世界125の国で、痛み、炎症、強皮症、間質性膀胱炎、頭蓋内圧上昇、関節炎を含むいろいろな病気にそれを処方しています。
しかしながら、アメリカにおいてはFDA (Food and Drug Administration、食品医薬品局) が臓器移植の際の臓器保存剤としてか、または間質性膀胱炎治療にのみ許可されています。
 薬剤としてのDMSOの論争の歴史はスタンリー・ヤコブ博士がオレゴン健康科学大学の臓器移植計画の長であった1961年に始まりました。臓器の保存剤としての可能性を調べているうちに、彼は、すぐにそれが支障なく皮膚に素早く深くしみこむことを発見しました。彼はそれに非常に興味をそそられたのです。その時以来DMSOは彼の生涯をかけた研究課題となったのです。
 ニュース・メディアはいち早く彼の発見を発表しました。リポーター、製薬会社、さまざまな病気に苦しんでいる患者たちが、そのニュースに飛びつくのに時間は掛かりませんでした。なぜなら、それは患者たちが処方箋なしで、自己服用できる工業用の製品だったからです。早い時期から一般の人達が非常に強い関心を示したが為に、ヤコブ博士やまた後日FDAが、実験を観察し安全かつ制御された使用をする能力の妨げとなり、DMSOについて主流医学界の印象を悪くしたのかもしれません。
 仮にDMSOがヤコブ博士や他の医師の主張する薬用効果が半分の可能性しか無いとしても、なぜそれは今だアメリカにおいて医療用として認知されない薬剤(sidelines of medicine)なのでしょうか。
「それは、丸い穴に押し込まれる四角い杭である」とヤコブ博士は述べています。と云うのも、ひとつの病気に効くひとつの薬を探すものではなく、多種多様な病気に効果があると云うことを云い現わしているのです。 DMSOは現代のアスピリンです。もしアスピリンが今発見されているなら、それはDMSOと同じ問題を持つことになるでしょう。 仮に、誰かがあなたに白い小さな錠剤を渡し、飲みなさい、頭痛は止み、熱は下がり、脳卒中や主要な心臓疾患を防ぎますと言います。どう思いますか。
 他の人々は、DMSOの主要な副作用に言及しています。 服用直後のニンニクに類似した妙な口臭、また皮膚を通して用いた場合でさえ発する妙な臭い。 確かにこの臭いは、効力を証明する為の二重盲検法を困難にします。何故なら、特有な臭いのためにどちらに偽薬が使われているか直ぐに分かるからです。
 オレゴン州ポートランド科学技術協会会長で、1960年代と1970年代にヤコブ博士を援助したロンドンの大学からのテリー・ブリストル博士 (Terry Bristol) のように、ある人はDMSOの臭いは市場における販売を困難にするとして製薬会社を遠ざけたかもしれないと思っています。とはいえ、まずいことに通常高額の費用のかかるFDAの認可を得る臨床試験をしても、製薬会社でDMSOの特許権を取得できる会社はひとつもない現実が主要な関心事でした。加えてブリストル氏は、DMSOの広範な特性が、製薬会社が既に販売している、あるいは開発している多くの薬と競合することになるだろうと述べています。
 DMSOについて6つの製薬会社が臨床試験を開始しました。1965年11月にアイルランドの婦人がDMSOと幾つかの他の薬を服用後にアレルギー反応により死亡しました。その婦人の正確な原因は確定されていないにもかかわらず、報道機関は死因はDMSOによると報じました。2ヵ月後FDAは、その婦人の死と、人間に処方されるよりも何倍も多い量を与えられたある試験用動物の目のレンズの変化を引き合いに出してアメリカにおける臨床試験を中止しました。 
 その後20数年に及ぶ数多くの研究や人体研究において、DMSOによる死亡例や人間の目の変化の論文や主張もありません。しかしながら、それ以来FDAは、7つの臨床試験実施申請を拒否してきました。そして唯一、間質性膀胱炎に関する研究のみ認可し、その後1978年にDMSOの処方箋による間質性膀胱炎治療のみが認められたのです。
 DMSO活用及び閉鎖性頭部外傷の権威であるアルバカーキのニューメキシコ医科大学の脳外科及び生理学の教授ジャック・デ・ラ・トリー博士 (Jack de la Torre) は、数年前FDAはDMSOはある種のインチキ薬剤であると見なして多少けんか腰になっていると述べています。自分のほとんど知らない化合物に公然と先入観を示す人々がいます。とはいえFDAの新管理部によりちょっとした変化がありました。FDAは最近、デ・ラ・トリー博士の閉鎖性頭部外傷の分野におけるDMSOの臨床試験実施許可を認めました。
 ヤコブ博士を感動させたDMSOの一番の特性は、膜組織を通過する能力でした。その特性はその後多数の研究者たちにより立証されています。DMSOの膜組織透過性能力は、90%溶液までその濃度に伴って変化します。70%から90%の溶液が皮膚の通過に最も効果的であることが分かりました。奇妙にも濃度が90%超えると浸透性能が低下します。膜組織の通過は低濃度で十分です。加えてDMSOは他の薬剤と一緒に膜組織を通過できます。DMSOは、硫化モルヒネ、ペニシリン、ステロイド、コーチゾンやある種の抗癌剤のような薬剤の、膜組織を透過させます。どの様な物質がDMSOと結合するかは、分子量、形、分子の電気化学特性によります。この特性はDMSOが皮膚浸透の際に生じる感染のリスクを低める新たなドラッグデリバリーシステムとなり得るでしょう。
 多分70%のDMSO水溶液は、話題の鎮痛剤として最も広く用いられてきました(70%DMSO、30%水)。 研究室での研究では、DMSOは末梢神経C繊維細胞を遮断することによって痛みを和らげることを示唆しています。幾例かの臨床試験で有効性が立証されていますが、1例はで効性が認められませんでした。やけど、切り傷、捻挫の治療にDMSOが使われましたが、いずれの場合も苦痛の除去は、ほとんど直ちに生じ、6時間ほど痛みのない状態が続いたと報告されています。
 アメリカ上院の1980年健康分科委員会の公聴会で、ヤコブ博士は、DMSOは人々の眼前で有効性を立証する事が出来る数少ない医薬品のひとつであると述べています。仮に腫れたくるぶしの捻挫の患者さんが委員会の前に現れるなら、DMSO治療により1時間以内に腫れが引くことを観察できます。他にそのような治療様式はありません。慢性的な痛みのある患者さんたちは、変化が生じるまでDMSOを6週間用いる必要があります。多くの人は、他の方法では得られない程の苦痛の軽減を報告しています。
 この様に、DMSOは皮膚・粘膜・細胞膜を容易に通過する能力があり、特に癌細胞に対する親和性が強く、抗癌剤を癌細胞にのみ運び込める唯一の薬剤で、特別な副作用が全くないので「癌治療」
には優れた薬剤と云えるでしょう。


2016年11月12日 11:01 | trackbacks (0)
 

セシウムによる「癌」治療

 私のところに相談に来られる患者さんは、現代医学ではなすべきことは全部しました、もうこれ以上何もすることはできません、余命数ヶ月と宣託を受けられた人たちです。
 こういう患者さんに、いろいろなサプリメントや、あるいは大量のマルチビタミン剤、体を温めることにより免疫を賦活しても、もう遅すぎます。たいていの方は、宣託された期間よりも多少延命されますが、治癒することはまず不可能です。
 たしかに抗がん剤を使うよりもはるかにQOLはいいし、延命は可能かもしれませんが、それでも結局はお亡くなりになる。これが厳粛な事実です。
 しかし、最近、セシウムを使った療法が特にアメリカで使われだし、かなりの効果をあげることがわかってきました。末期でも約5割の完治が期待できるといわれています。そして、末期のがん性疼痛は2~3日で非常に軽減します。副作用はあっても下痢、口唇の周りの軽い痺れ、疲労感くらいです。このように、副作用もなく効果もあるため、抗がん剤、放射線、手術しかがん治療には認めないオーソドックスな医学界からは敵視されています。なぜなら、抗がん剤でぼろ儲けをしている巨大製薬会社の利益と真っ向から対立するからです。
 今からおよそ80年前、ドイツのオットー・ワールブルグは(1931年、1944年と2回ノーベル章受賞)がん細胞は正常な細胞とは違ったやりかたでエネルギーを得ていることを発見しました。正常な細胞膜では酸素が自由に細胞内に入り、そこでブドウ糖を燃焼させエネルギーを産生します。ところが、がん細胞では細胞内液が酸性のため酸素が中に入れないのです。そのため、がん細胞は酸素のない状態で、発酵というプロセスでブドウ糖からエネルギーを作り出します。その産物が乳酸です。この乳酸はDNA、RNAを破壊することにより、細胞の無節制な増殖を促します。この乳酸はがんによく付随する痛みの原因にもなるのです。そして、細胞内の酸化に拍車をかけます。
 ここで、非常に重要なポイントは、この発酵というエネルギー生産方法は細胞内がアルカリ性である健常細胞では起こりえないことです。普通、健康な細胞はpHが7.35~7.45という、ややアルカリ性の状態に保たれています。したがって、がん細胞を破壊するには細胞内をアルカリ性にしてやればいいということです。きわめて明快で単純な原理です。
 そこで、自然界に存在するものの中でアルカリ性が最も強く、がん細胞に親和性のあるセシウムを投与します。セシウムと言えば、普通、放射性同位体のセシウム137を思い浮かべ、ウラニウムやラジウムと同様に危険な感じを一般の人は持ちやすいものです。しかし、本来、セシウムは非常に安全な物質なのです。
 塩化セシウムによりがん細胞の中のpHが8以上になると、せいぜい数日の内にがん細胞は死滅します。このように、pHを高める療法なので、High pH Therapyともよびます。
 セシウム療法を行うときは、セシウムと一緒にDMSOという一種の有機溶剤を混ぜ、それを皮膚の柔らかい部分(たとえば太ももの内側)にスプレーします。DMSOとともに効率よくセシウムが吸収されます。また、DMSOは血液脳関門を通過しますので、特に脳腫瘍転移にはDMSOとの併用がすすめられます。

2016年09月03日 08:40 | trackbacks (0)
 

癌治療について

 クリニックではケトンダイエット(断糖で肉食)を中心とし、身体をアルカリ性に保つ為に色々なミネラル(マグネシウム・カリウム、亜鉛・カルシウム・セシウムやセレニウムなど)を服用し、遠赤外線サウナに入ったりして免疫力を高める他、“抗がん剤の副作用を限りなく0%にし、治療効果を100%発揮するDMSOを併用する補完療法”を取り入れています。
 DMSO(ジメチル・スルフォキサイド)とは、製紙原料になる木材パルプを生産する際に出来る副産物です。1866年ロシアの科学者アレキサンダー・ザイツェフにより見つけ出されました。この物質が医学の分野で注目を浴びる様になったのは、1960年代の初め頃オレゴン健康医科大学のスタンレイ・ヤコブ博士が、DMSOは容易に皮膚および臓器粘膜を傷つけることなく透過する働きを持ち、尚且つ臓器を凍結から守れる事を見出してからです。
 さらに博士は非常に難治な間質性膀胱炎に対し、下腹部にDMSOを塗布したり膀胱内にカテーテルを使って注入し治癒させる事に成功しています。これ等の結果を見て、1987年になり米国食品医薬品局(米国厚生省)もDMSOを間質性膀胱炎の治療に限定して使用する許可を与えました。
 またクローン病で耐え難い不快感に悩ませられる増悪期に、単にDMSOを下腹部に塗布するだけで症状が治まる事も証明されています。
 R.Webster Kehrは動物を使った研究で、DMSOは健康な細胞には影響を与えず癌細胞にだけ作用する事を見出しました。DMSOと抗がん剤を併用して癌治療を行っている医師がいますが、この場合は抗がん剤による副作用も全くなく、しかも抗がん剤の効果がほゞ100%得る事が出来るので、抗がん剤の使用量が少なくて済みます。DMSOは癌細胞膜にのみ作用し、膜の透過性を高め抗がん剤が細胞内に入り易くするからです。

2016年06月23日 08:41 | trackbacks (0)
 

旧石器時代ダイエット=Paleolithic Diet

 現在アメリカでポピュラーとなっている”Paleolithic Diet"=”前石器時代ダイエットとはどの様な
ダイエットでしょうか。我々人類の祖先が地球上に誕生して以来、1万年前までの約250万年の間、
狩猟により色々な動物、当初は小型動物を捕まえたり、死んだ大型動物の腐った肉を主食として食べ、野生の木の実や草の実を少し食べて進化・発展を遂げて来ました。この様な食生活を、パレオダイエット(前石器時代ダイエット)と呼んでおり、現在多くのアメリカ人が、健康で生活する為に必須のダイエットとして取り入れる様になって来たのです。
 先祖がどの様な物を食べていたのかは、遺跡から出土した骨に含まれる”タンパク”の構成要素である”アミノ酸”を調べれば分かります。人類の骨とライオンの骨を比べてみると、我々人類はほぼ肉食で、野菜などは少ししか食べていなかった事がわかります。我々人間の胃・腸には、野菜の食物繊維を消化する酵素はありません。したがって、野菜の繊維を糞便状にするためには、悪玉腸内細菌により、腐敗・発酵しなければなりません。腐敗・発酵によって発生した、毒ガス(悪臭の元)や毒素が、腸管壁を傷つけ、血管内に侵入し、全身を駆け巡って、色々な免疫異常(リウマチ・喘息・
クローン病・過敏性大腸炎など)が起きます。この腐敗・発酵の成長を止めようとして、腸管内の水分を減らそうとするのです。そうなると、便は非常に硬くなり排泄され難くなるのです。これが便秘の原因で、野菜の食物繊維を摂ればとるほど便秘がひどくなります。多くの人達、殊に野菜好きの女性に便秘が多いのもその為です。
 1万年前になり、野生動物を殆ど食べ尽してしまった為、野生動物を家畜として育てる為に農業を始めたのですが、この時以来我々人間も農作物を食べる様になり、癌をはじめとする色々な病気に悩まされる様になったのです。
 だから、崇高クリニックでは、30年前より断糖=肉食ダイエット=旧石器時代ダイエットを取り入れ、糖尿病をはじめとする色々な病気の克服に取り組んできたのです。
 

2014年09月29日 15:12 | trackbacks (0)
 

いつまで続く“コレステロール・動物脂肪”のえせ神話

1953年若くて野心に満ち溢れた生物学者 アンセル・キーが、当時では極めて斬新的な考えで、食事中の脂肪が多すぎは心臓疾患の原因になると云う理論を提唱したのです。この考えが現在でも、政治的・経済的な理由から広い支持を受けているのです。
 以前ロシアの研究者が、ウサギに大量のコレステロールを食べさせたところ、ウサギの動脈は心筋梗塞で死亡した人の動脈と同じようにコレステロールの塊で詰まっていました。しかし少し考えてみればおかしな話で、本来ウサギは草しか食べない動物で、草には勿論コレステロールは全く含まれていないのです。
 脂肪と心疾患の関連性を提唱した アンセル・キーでさえ、1977年に食物中のコレステロールと血液中のコレステロールにはなんらの関連性もないと云っています。
 それにもかかわらず、いまだに多くの医師・医療機関・マスコミは、アンセル・キー
の主張を垂れ流しているのです。
 アンセル・キーは色々な国の食生活すなわち脂肪消費量と心疾患に関するデータを集め、有名な”the Seven Countries Study”(7か国調査研究)と云う報告書を発表しています。しかしその時彼は22か国のデータを集めていたのですが、発表に使ったのは
都合のよい7か国のデータだけだったのです。もしも彼が22カ国すべてのデータを解析していれば、食物中の脂肪・コレステロールと心臓疾患の間には何の関係もない事が分かってしまうからです。
 現在では多くの研究者により、食事中の脂肪・コレステロールと血液中のそれらとは関係がない事が明らかになっているにもかかわらず、企業から利益を得ている学者達による誤った”神話”に騙されない様にして、健康を保ちましょう。

2013年12月10日 11:12 | trackbacks (0)
 

「野菜・果物を食べないとビタミン不足する」は真っ赤なウソ

 当院で治療を受けている患者さんの殆どが、「周囲の人から、野菜・果物を食べないとビタミンが不足して、身体を悪くする」と云われると嘆いています。この様な”ウソ”は医者の無知や政治・政策によるニセの宣伝による”洗脳”から来ていると考えてよいでしょう。
 すべての動物が生育し健康に過ごす為には、やはり色々なビタミンが必要でしょう。でも”トラ・ライオン・サメ・ワニ”などの動物は野菜も果物も食べていません。この様な事は何を意味しているでしょうか。すべての”ビタミン”はそれぞれの動物の身体の中で作られているからです。
 ビタミンは”補酵素”とも云われ、酵素の働きをミネラルとともに助けているのです。”補酵素”(一種の酵素)は、皆さんよくご存知の”消化酵素”と同じように自分自身の身体で作られています。食事毎に消化酵素を飲む必要がないのは、主にすい臓で作られているからです。
 ”ビタミン”をとる為と称して、野菜や果物を食べれば、身体に毒な”糖分”ばかりが入り、その結果身体が蝕まれる事になります。

 つまらない”ウソ”を信じて健康を害する様な事はやめましょう。
 

2013年08月05日 09:34 | trackbacks (0)
 

甘い飲み物とアルツハイマー病(痴呆症)

“肥満”・“糖尿病”が“アルツハイマー病”発症に関係する事は既に明らかとなっていますが、Ling Liらは食事内容は其の侭にして、高濃度の砂糖を加えた場合、“アルツハイマー病”の状態が悪くなるかどうかを調べたのです。成長すると“アルツハイマー病”様症状を呈する“遺伝的に操作したマウス”を用いて、普通の飼料に10%砂糖水を加えたところ、25週間後“砂糖水”を食えた“マウス”は加えない飼料マウスと比較して、約17%の体重増加、コレステロール増加、“インスリン抵抗性”―前糖尿病―が見られました。学習能力や脳機能テストで、砂糖水を加えたマウスでは“学習能力・記憶保持”が悪化しており、“アルツハイマー病”の脳に特徴的な“アミロイド蛋白”の蓄積が2倍になっていました。
 研究者達は、“精神機能障害”の悪化が、“高濃度砂糖”や“高カロリー”の結果か否かは分からないがと述べています。英国清涼飲料水協会のLi Bastoneは、此の結果は以前より云われている“肥満”と“アルツハイマー病”との関連と一致していると述べています。
 マウスが“アルツハイマー”様症状になる“砂糖水”の量を人間に換算すると、1日“ソーダー水”5缶になります。最もマウスのカロリー消費量は人間より多いので、もう少し少ない量になるでしょうが。
 現在米国及びEU諸国の“アルツハイマー病”患者数は、1,100万人いると言われ、2050年迄にその数は3倍になるであろうと云われています。過去5年間に、“肥満”や“糖尿病”・“高コレステロール血症”など“心臓病”の危険性を増す状態は、“アルツハイマー病”の危険性も増す事になるでしょう。昨年“アルツハイマー病”雑誌に、“肥満”と“アルツハイマー病”との間に強い関連性があると云う研究成果が発表された。“肥満”がひどくなる程また血中の“βアミロイド”濃度が高くなる程、“アルツハイマー”患者の脳に粘性蛋白が蓄積すると云われています。
 日本でも若年性アルツハイマー病患者が増加して来ていますが、そうならない為にも甘く品種改良された“野菜や果物”などは食べないようにしましょう。

2013年05月15日 11:37 | trackbacks (0)
 

“肉食ダイエット”と“癌”

「肉」ばかり沢山食べていると身体が酸性になり、『大腸ガン』になるなど
学問的根拠のない“作り話”に惑わされ、“マクロビオティック”食に走り、玄米・菜食で過ごした結果、“体力減退・低体温”・“糖尿病”・“ガン”などに悩まされている人達を多く見かけます。
 400万年前に我々人類の祖先が誕生して以来、野山に出掛け色々な動物を捕獲しそれ等を食べる事により進化発展を遂げて来たのです。確かに動物以外にも、草の実なども採取し多少は食べていたでしょうが、だからと言って食物の大部分は肉食で、よく言われる程雑食ではありません。遺伝子の99.8%は肉食用に設計されているのです。
 我々の身体はややアルカリ性で、水素イオン濃度(pH)が7.35~7.45の間に厳密に保たれる様に調整されています。この調整機能に大きく貢献しているのが呼吸で、“酸性”に傾けば呼吸を減らし炭酸ガスの働きでアルカリ性になる様にし、“アルカリ性”に傾けば酸素を取り入れ酸性になる様に働きます。肉を食べたからと言って、決して“酸性”にはなりません。
 米や芋など“糖質”の物は、エネルギー=カロリーとして使われずに余ると、
不完全燃焼を来たしその結果“乳酸”を生じ、身体は酸性となります。激しい運動をした後、筋肉が“こわばる”のは“乳酸”が溜まるからなのです。
 身体が“酸性”になると、酸素が細胞内に取り込まれなくなり“ガン”などの“変性疾患”を来たします。
 “エスキモー族”やアフリカの“マサイ族”の人達には、“ガン”など全くありませんが、彼等は略完全な“肉食”生活を送っています。また“肉食”が“ガン”の元凶であるならば、人類は今日の様に発展して来ていなかったでしょう。
 人類が大小の動物を絶滅状態になる迄取り尽くしてしまった為、約1万年前に牛などを家畜として育てる為の農業が始まったと考えられています。初期の頃は穀物などは余り食べていなかったので、“ガン”や“胃腸障害”など色々な病気は見られませんでした。19世紀になりヨーロッパで“産業革命”が起こり農業も機械化され、穀物の収穫量が飛躍的に増えたのです。その頃より“ガン”や“心筋梗塞”などの病気が発生する様になったのです。
 1,800年代半ばに有名な“シュバイツアー博士”がアフリカに診療所を開設し
病人の治療に当たっていましたが、“ガン”・“盲腸”などの病気は農産物を多く食べる白人にしか見られなかったと述べておられます。1,900年代始めアメリカ・ハーバード大学の医師であり人類学者の“ステファンソン博士”が約5年間エスキモー族の部落で彼等と同じ食べ物(肉食のみ)で生活しアメリカに住んでいる時よりも健康になった事を聞き、実証して見せる様奨められたのです。
そこで彼は色々な学者の監視下、ニューヨークのコロンビア大学付属ベルビュー病院で1年間“完全な肉食”生活を送ったのです。多くの学者は数週間で身体に変調を来たし“ギブアップ”するだろうと考えていたのですが、1年後むしろ健康になり周囲を驚かせました。また新田次郎著の“アラスカ物語”に登場するフランク安田は、20歳代より90歳までエスキモー族と共に肉食生活を送ったのです。
 逆に典型的な“菜食”である“南インド”の人達は、“ガン”を始めとする色々な病気の為短命なのです。“菜食”にすると“免疫力”が低下するので、幼児時代に死亡する事も多いです。日本でも“米所”の北国では“脳血管疾患”や“癌”
などの為短命ですが、沖縄の様に“肉食”の地方ではこれ等の疾患がなく長生きです。
2007年九州大学が“牛肉・豚肉”・“加工肉”・“動物脂肪”と“直腸ガン”の関係を調査しましたが、これ等の食べ物によって“癌”になる事はないと云う
結果を導き出しています。
 肉ばかり食べていると“ガン”になるなどの迷信に惑わされる事なく、むしろ玄米菜食は止め必要な栄養を全て含んでいる“肉”を食べる様にするべきでしょう。
 

2013年05月01日 09:09 | trackbacks (0)
 

「野菜」は諸悪の根源

 一般に「野菜」を食べないと”ビタミン不足”になると云われますが、この考えは何等医学的・科学的な根拠もない『うそ』・『作り話』にすぎません。どの動物でもすべての”ビタミン”を必要としていますが、「肉類」しか食べない『肉食動物』も数多くいます。ではその様な動物は、”ビタミン”をどこから得ているのでしょう。云うまでもなく、自分自身の身体で作っているのです。我々人間をはじめとして、皮膚はもちろんの事「口腔粘膜」・「消化管」・「膣」には色々な細菌が附着しています。人間の「小腸」・「大腸」には、400種類・100兆個の腸内細菌が腸管壁に附着して棲み付いています。400種類の「腸内細菌」には、我々の役にたっている「善玉菌」もあれば増えすぎると体に害を及ぼす「悪玉菌」もあります。「善玉菌」・「悪玉菌」のいずれも、「小腸」・「大腸」に入った食べ物を食べ成長するのですが、成長過程で「善玉菌」は”ビタミン”やその他の栄養素を作り、その栄養を腸管壁から血液中に吸収しているのです。「善玉菌」の餌は”魚介類”や”肉類”に含まれる「タンパク」・「脂肪」であり、「悪玉菌」の餌は”でんぷん”=”糖質”や”食物繊維”です。「野菜」の主な成分は”糖質”と”食物繊維”であるので、これらを食べると「悪玉菌」が増えます。
この様に食べ物は「小腸」で”お粥状”になるまで分解=消化され、その中の栄養になる物だけが体内に吸収され残った残渣は大腸まで運ばれ、そこで水分を減らして便の形にし、その後排便で体外に排泄するのです。 私達は”食物繊維”を消化し栄養に変える「消化酵素」を「胃」にも「小腸」にも持っていません。だから「野菜」を食べると、「小腸」で”お粥状”に出来ずそのままの状態で胃・小腸を通過し大腸にまで運ばれます。「大腸」には「消化酵素」が全くありませんから、排便する為に便をお粥状にするのはどの様にしているのでしょう。「大腸菌」の中の「悪玉菌」である色々な「腐敗・醗酵菌」=「イースト菌」=「カビ」が、”食物繊維”を「腐敗・発酵」し”お粥状”にします。「腐敗・発酵」によって出来た「毒素」や「毒ガス」が、体内に吸収され色々な障害が起きます。障害の中でも特に嫌なのが、「免疫障害」です。たとえば、『リウマチ』・『喘息』・『ループス』・『食物アレルギー』などです。
「カビ」は成長すると『もやし』の様な『根』を”腸管壁”に食い込ませ、その結果腸管壁が”ボロボロ”になり『潰瘍性大腸炎』などになります。”便”は普通では殆ど”無臭”ですが、「野菜」が発酵して出来る
「毒ガス」交じりの”便”は顔を背けたくなる様な”臭い”を発します。その事がよく分かるのが、「授乳中」の乳児の”便”には”悪臭”がありません。母乳は”血液”から作られるので、乳児の間は”肉食”だからです。また体内に取り込まれた「毒ガス」は、汗や口腔粘膜から体外に出ますから、ひどい”体臭”・”口臭”の元となります。
 「野菜」を食べる事によって増殖する「悪玉菌」がそれ以上増えないようにする為に、「大腸」にある”水分”を減らそうと身体は働きます。その結果”便”は異常に硬くなり、排便が困難となり”便秘”になります。「野菜」を食べれば”便秘”が解消すると云う話は、全くの”デタラメ”で食べれば食べるほど”便秘”はひどくなります。その証拠に世界中で日本人ほど「野菜」を沢山食べる民族はありませんが、多くの人達が”便秘”で苦しんでいます。また「野菜」には「解毒作用」があるなどと”デタラメ”がまことしやかに言われていますが、「大腸」には「解毒作用」はなく、「解毒作用」があるのは唯一「肝臓」だけです。色々な政治的な思惑に”だまされない”事です。
 

2012年09月27日 08:47 | trackbacks (0)
 

※小麦ふすまパン・漢方抗肥満薬のお問い合わせはアスター薬局まで
入院治療についてはこちら
※『断糖宣言』にもうつ病、リューマチの改善などの体験談を掲載しています。